さすらう(主に下半身が)

東南アジア旅行での(主にえっちな)体験談です。

パタヤ6日目(1)

パタヤ6日目(1) ぺこです。 大変な事態になってしまいました。 心を静める必要があります。 心臓を掴まれたような気持ち、胃がせり上がってくるような感覚に襲われています。 いつものカフェに行ったところ、日本人らしき3人組が来店しており、うちの一人…

パタヤ5日目

ぺこです。 ジャイ子@パタヤことHちゃんとの一戦に疲れたわたしは、ホテルを移りました。 ベッドタイムパタヤは、相変わらず必要十分で、清潔なのですが、何しろ、目の前がHちゃんの働くバーなので、居づらくて仕方がありません。 少し気分転換に、やや高級…

パタヤ生活のまとめ(2)

ぺこです。 雑感の様相を呈してきましたが、まとめようと言う試みのようなものです。 簡単に纏められるならば、何度もタイに、そしてパタヤに訪れることはないでしょう(と正当化してみる)。 前回の自分に向けた一言は、「ウォーキングストリートへ行け!酔…

パタヤ生活のまとめ(1)

ぺこです。 まだあと数日ありますが、2週間ほどパタヤにステイして、思ったところをまとめたいと思います。 というか、2週間前の自分に言いたいことが、一つだけあります。 それは、「さっさとウォーキングストリートに行け!そして酔っ払ってセックスしろ…

パタヤ4日目(3)

ぺこです。 補正下着の威力を失い、実態を露わにした元・オリエンタル美少女にしてジャイ子のHちゃん。 その姿は、完全に経産婦のものでした。 形が崩れてボリューミーな胸に黒い乳首と乳輪、下半身は土偶を彷彿とさせる安定感のあるものでした。 「これを抱…

パタヤ4日目(2)

ぺこです。 まあまあの酒量を嗜んでから、Hちゃんを発掘したわたしは、オリエンタル系少女Hちゃんの身体をチラチラ見ながら、更に杯を重ねて参りました。 タイ人の中でも、色黒な方に属するであろうHちゃん。 あどけなさの残る顔立ちに活発な立ち居振る舞い…

パタヤ4日目(1)

ぺこです。 翌日は、パタヤ北部から中心部へ移動することにしました。 宿泊していたホテルは、レッドプラネットホテルというホテルです。 モダンな感じのチェーンホテルで、浅草にもありますので、なんとなく安心感はあるのですが、ホテルの部屋は狭く、そし…

パタヤ3日目

ぺこです。 パタヤ3日目にして、ついに、というか、ようやく、というか、やることをやってしまいました。 お相手は、バービアで発掘したピッサヌローク近郊の街出身の20歳嬢でした。 高齢者の女性ばかりのバービアの中で燦然と輝いていた彼女でした。 結局、…

パタヤ2日目

ぺこです。 今朝は早めに目覚めたので、シャワーを浴びて、スッキリしてから、付近の散策に出かけました。 朝は、夜とは違った顔を見せるようで、爽やかに営業しているぶっかけ飯屋で、ささやかな朝食を取りました。 このような形式で、気に入ったおかずを、…

パタヤ1日目

ぺこです。 ドンムアン空港から、バスを乗り継いで、パタヤに着きました。 夜の7時を回っていたと思います。 そこそこ飲んでいたので、疲れてパタヤのバスターミナルで降りると、目的のホテルを探しました。 携帯のバッテリーも切れていたので、バイタクのあ…

ナカマッサージ(バンコク)の思い出(4)

ぺこです。 わたしは、その、色白で瞳の大きな少女と、階段を登って行きました。 そして、廊下の奥にある部屋の、木の扉を開けると、そこは、ラベンダー色のベッドと、壁一面の鏡がある部屋でした。 部屋の隅に、半畳ほどのシャワーブースが設けられています…

ナカマッサージ(バンコク)の思い出(3)

ぺこです。 前回「ジャイ子」によるおざなりなハンドサービスの際に使用された劣悪なオイルが悪かったのか、普段は矮小な愚息が巨大なバットのように腫れ上がってしまったわたしは、以降、ナカマッサージを訪れる際は、自前のローションを持参するようになり…

ナカマッサージ(バンコク)の思い出(2)

ぺこです。 危険な生中出し行為から遠ざかるための策として愛好しておった、90分間の濃厚なハンドサービスのお店「ナカマッサージ」にすっかりはまってしまったわたしは、タイを訪れるたびに、昼間からラチャテウィー駅に向かうようになりました。 そして…

ナカマッサージ(バンコク)の思い出(1)

ぺこです。 バンコクはBTSラチャテウィー駅から徒歩5分ほどのところに、ナカマッサージという店があります。 一時期、私はここにハマっておりました。 この店は、ホームページを見ていただければ分かりますが、手によるサービスのお店です。 とは言っても、…

生膣中出しの歴史(2)レインボー3 Mちゃん

ぺこです。 初めての中出しは、パタヤのゴーゴーバーだったのです。 pecosx.hatenablog.com 翌朝は、「やってしまった・・・」「大丈夫なのか・・・?」と疑心暗鬼に過ごしました。 エイズになっていたら1発退場です。 そのほかにも、様々な性感染症につい…

生中出しの歴史(1)初めての生中出し パタヤ・ウォーキングストリートのロリGOGO嬢に生中出しした思い出

ぺこです。 当時は、私も、パタヤに到着するや、部屋にあるビールを飲み、これからの出来事に胸を躍らせながら、着替えをして、それなりに格好をつけ、18時ともなるとウォーキングストリートに繰り出す、ということをしておりました。 今では、もうウォーキ…

日本のデリヘルでの生中出しの思い出(3)

ぺこです。 上海出身の画家志望・美人デリヘル嬢・「ゆかり」にすっかりハマってしまった私は、初回こそコンドームを使用して居たものの、2回目以降、理性崩壊して、生でゆかりとの行為を楽しんでおりました。 さらには、その行為の一部始終を隠しカメラに…

日本のデリヘルでの生中出しの思い出(2)

ぺこです。 デリヘル嬢・若菜(中国美人)と、自宅で生本番をした私は、これに味をしめ、それからもたびたび泥酔しては業者に連絡し、自宅に様々の小姐を招じ入れておりました。 そのうち、気にった嬢を一人定め、その子だけを何度も呼んでは、セックスをし…

日本のデリヘルでの生中出しの思い出(1)

ぺこです。 日本でもいくつかの風俗体験をしておりました。 その昔、酔っ払った私は、地元のデリヘルに電話をして見たのです。 元来臆病な私は、泥酔していなければ、そんな業者に電話をかけるなどできません。 その時は、昼間から一人暮らしの自宅アパート…

ミャンマー生中出しの思い出(5)

ぺこです。 タモンに生中出ししてしまった私は、強烈な後悔を味わいました。 ただし、この時、不思議なことに、生きている実感のようなものが、こみ上げても来たのです。 やがて、タモンがシャワーから戻ると、私も、気休めかもしれませんが、愚息を丁寧に洗…

ミャンマー生中出しの思い出(4)

ぺこです。 私は、タモンとの一部始終を撮影しようと考えたのです。 もともと、そこまでの期待はしていなかったものの、ミャンマー美少女・タモンを目の前にして、悪い考えが頭に浮かんだのでしょう。 鼻息荒く、冷静になれと自分に言い聞かせながら、ビデオ…

ミャンマー生中出しの思い出(3)

ミャンマー人ロリッ子・タモンとのその後の物語。

風俗嬢・ポーに会うのをどうしようかと思っている

こんばんは、ぺこです。 来週には、パタヤでポーに、会おうと思えば会えるのですが、どうしようか迷っています。 以前書いた通り、ポーとは2回セックスをして、3回目は、ポーが痛がったので、途中でやめたという経緯があります。 pecosx.hatenablog.com そ…

ベトナムカラオケ置屋の思い出 (3)

ぺこです。 女の子の大事な部分の入り口に、愚息の先を擦るようにして出し入れしておりますと、女の子が、背中にしがみついてきました。 私も、つられるようにして、金玉の奥からこみ上げるものがあり、やがて、ゆっくりと、女の子の中に、射精しました。 と…

ベトナムカラオケ置屋の思い出(2)

ぺこです。 女の子と、ハノイの街を歩き回って、それから、女の子に連れられるままに、とある「ニャンギー」にたどり着きました。 入り口でのやり取りも、全て女の子任せでOKです。 ホテル代など、1000円もあれば十分ですので、言われるままに、払ってOK…

ベトナムカラオケ置屋の思い出 (1)

ぺこです。 ベトナムでの思い出をお話ししようと思っております。 ハノイ近郊で、たくさん良い思いをしました。 ベトナムといえば、皆様ホーチミンを思い浮かべるかも知れません。 しかしながら、本当に良い場所は、外国人が行かない場所にあるというのは、…

ミャンマー生中出しの思い出(2)

ぺこです。 ミャンマーでの、生中(なまなか)な思い出の後編です。 それで、エンペラーを出て、JJというクラブに向かったのです。 タクシーで、ほんの5分から10分くらいの距離だったと思います。 ヤンゴンは未だ、ほんの小さな都市だということが、それで知れ…

ミャンマー生中出しの思い出(1)

ぺこです。 生中な思い出があります。 ミャンマーに行った時のことです。 初めてのミャンマーでした。 女遊びをメインに考えておりましたので、エンペラーとJJという、まぁ、なんと言うのですかね。タイで言うところの、ゴーゴーバーのような場所へ行きまし…

パタヤでオススメのホテル5選!

ぺこです。 そんなわけで、パタヤに行けるのが楽しみでしょうがありませんでしたので、酒を飲みながら、agodaでホテル探しをしておったのでございます。 かれこれ10年以上もパタヤと日本を行ったり来たりしておりますので、いろんなホテルに思い出が詰まって…

ポー(タイ女性20歳)

この日がやってまいりました。 ついに、ポーに会えるのです。 ポーというのは、私が以前から執着しているタイの女のことです。 パタヤのバービアで働いている20歳の女の子です。 ご存知ない方のために申し上げますと、パタヤというのは、タイの首都バンコ…