さすらう(主に下半身が)

東南アジア旅行での(主にえっちな)体験談です。

海外旅行保険が年会費永年無料で付いてくるクレジットカード

ぺこです。

 

前回パタヤ旅行時に、歯医者に行くハメになり、少々怖い思いをしたので、海外旅行保険が無料で付いてくるクレジットカードに付いて調べてみました。

もちろん年会費無料が条件です。

 

ちなみにこの時は100バーツだけだったので、現金で払いました。 

pecosx.hatenablog.com

 

しかし、大きな病気や怪我の際には、やはり海外旅行保険を適用することになると思います。

 

なんと、その海外旅行保険が無料で付帯してくるクレジットカードがあるのです。

 

ただし、「利用付帯」と「自動付帯」の2種類のカードがあるので、注意しなくてはなりません。

 

①利用付帯(そのクレジットカードを使って、旅費の一部または全部を支払っていることが海外旅行保険付帯の条件)

 

楽天カード

年会費永年無料で、日本出発から3ヶ月間の海外旅行保険が付帯します。

 

■補償内容について

補償内容 楽天カード 楽天プレミアムカード
(傷害)死亡後遺障害 最高2,000万円 最高5,000万円
傷害治療費用 最高200万円 最高300万円
疾病治療費用 最高200万円 最高300万円
賠償責任 最高2,000万円 最高3,000万円
携行品損害 最高20万円(免責金額3,000円) 最高50万円(免責金額3,000円)
救援者費用 最高200万円 最高200万円

楽天カードには楽天ゴールドカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天PINKカード、楽天カード アカデミー、楽天銀行カードを含みます。

楽天カード会員様は、日本を出国する以前に、公共交通乗用具(*1)または募集型企画旅行(*2)の料金を楽天カードで支払った場合(補償期間/日本を出発してから3ヶ月後の午後12時までの旅行期間)に限り、海外旅行傷害保険が付帯されます。
楽天プレミアムカード会員様は保険は自動的に付保されております。ただし、利用条件が関係する項目もございます。
楽天プレミアムカードの補償内容についてはこちらをご確認ください。

楽天HPより抜粋                         

 

  

楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ

 

なお、年会費10,800円の楽天プレミアムカードに申し込めば、自動付帯となるようです。

 

 

 

②自動付帯(そのクレジットカードを使って、旅費の一部または全部を支払っている必要がない)

 こちらに関しては、まさしく、カードに入会しているだけで、自動的に海外旅行保険が付帯することになります。かなり便利だと思いませんか?旅行に持っていく必要すらありません。

 

エポスカード

エポスカード|エポスカード 年会費永年無料 優待7000店舗

 

イオンゴールドカード

イオンカード(WAON一体型)

 

 

どちらも年会費無料なのでオススメです。

ただし、イオンゴールドカードは、イオンカードに入会の上、一定の条件を満たさなければ入手できません。

 

このカード、実は私も持っているのですが、おそらく「年間100万円の使用」が条件であると推測します。

 

それくらい使ったなぁ、という頃に、イオンから入会案内が届きました。

 

年に何回もタイ旅行に行って、現地でもイオンカードで払いまくっていればスグにそれくらい行ってしまいそうで怖いですが・・・w

 

たいていのゴーゴーバーでは、クレジットカードで支払いが可能です。

(もちろん、ペイ◯ーとかの料金も)

 

ではまた。